前立腺がんの転移は恐れるべき事態です|危惧される問題

看護師

症状はさまざま

お花

甲状腺の病気は、病名は知られていますが、実態はまだよく理解されていないようです。情報不足のために、むずかしい病気ではないかと不安や心配を抱く人が多いよう。そのため、甲状腺についての正しい知識や理解を持つことが大切です。誤ったイメージが払拭され、落ち着いて治療に取り組めます。

もっと読む

前立線にできるがんとは

headache

男性に特有の病気

前立線がんは、男性の前立線にできるがんで、以前は日本人には少ない病気でした。しかし、高齢化や食生活の変化で近年は増加傾向にあります。これは、高齢になるほど発症する確率が高くなることから加齢が大きく影響していると考えられています。それに欧米化した食生活で、脂肪分の多い食事を摂る人が増えたことも関係してきます。体質や遺伝などの影響で若い人でも発症することがあり、ほかの多くのがんと同じく自覚症状がなかなかあらわれない病気です。前立線がんは、がん腫瘍が大きくなると尿道を圧迫して排尿が困難になってしまいます。しかし、この症状は前立線肥大症との区別がつきにくく、PSAという血液検査や針生検を行い診断をします。

前立線がんは、外線の組織の表面に発症しそれが広がっていく病気です。次第に前立線から周りの臓器やリンパ節へと転移していきます。最初は、前立線に近い膀胱や精嚢などに転移する場合が多くみられます。前立線がんは、血液やリンパ液の流れによって肺や肝臓にまで転移してしまいます。それに、骨に転移することも少なくなく、大腿骨や腰椎、骨盤などに症状があらわれることもあります。前立線がんは、多くのがんの中でも比較的進行が遅いガンで治療後再発する可能性も低いガンです。早期発見すれば完治しやすい病気でもあります。また、このがんは男性ホルモンの影響で腫瘍が大きくなったりするので、男性ホルモンを抑制する治療で進行を抑えることができます。

現代のがん治療方法

困る

近年の研究成果により、がん対策の分野でも新しい方法が確立される様になってきている。そして従来の方法に加え、近年では免疫機能を活用した方法の確立が進められている。その1種とされる樹状細胞療法では、免疫機能ががん細胞を攻撃対象だと素早く把握できる様にするための仕組みが盛り込まれている。

もっと読む

咽頭にできるがんとは

患者

咽頭がんは、3つの部分に別れ下咽頭が1番がんになりやすい部位です。また、それぞれでがんになる要因も違ってきます。初期症状は、上咽頭は首のリンパ節が腫れることが多く、中咽頭や下咽頭は自覚症状がなかなかあらわれないことがあります。

もっと読む

Copyright © 2016 前立腺がんの転移は恐れるべき事態です|危惧される問題 All Rights Reserved.